鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。

小さな怒り① 母とカーテンと会食と…

俺は癇癪持ち💢だ。その自覚がある。

些細なことですぐに怒る、器の小さな男である。

 

昨日も夜中に汗をかきながら遅い夕飯を作っていたら、その汗で眼鏡👓️が外れ、1人激昂💢したりしていた。(お隣の部屋の方、すいません😣💦)

 

特に物が落下するのが、1番カチン💢とくるらしく、それでよく怒っている…。(恥 )

 

…で、冷静になり、(…俺は、何であんな些細なことで❓️)と反省する。

 

それでまた時が立てば、怒る💢

この繰り返しだ💧

 

恥ずかしい話だが、自分の思い通りにならないと「うぅ…」と唸る癖があり、両親や友人らに度々注意されている。(もう44…)

 

 

この前、『小さな事で怒る人は幸せにはなれない』という話をネットでみた。

その通りだと思う。

いちいち怒る人には誰も近寄らない。近寄らないと情報が入らない。入らないから“損”をする可能性が上がってしまう。

社会において、“孤立”は不幸の始まりである(実感)

 

何でも親の責任にするのは、良い大人として“いかがなとのか?”と思うが、我が母親も非常に短気💢だ

 

同居していた時、母が大声でキレていたので、聞いてみたら、「窓からの日光が眩しい✨!」とキレていた。

「はあ?」と思ったが、俺は母の為に窓の外側に白いレースのカーテンを取り付けて、外光を遮ってやった。

俺からすると、(何でこんな事で、そこまで怒る野だ?)と思うのだが、母親からしたら、外光✨が我慢ならなかったのだろう。

 

今回の父の緊急入院でも、母と何度も口論になった💦💦💦

 

人の“小さな怒り💢”にはかなり差がある、と思う。

 

と言う俺にも、(差)れがある。

 

以前書いたと思うが、俺は会食とても苦手だ。

食べ物が口の中にあり、咀嚼している最中に話しかけられるとカチン💢と来る。

特に高級な料理🍸️や普段食べられないような料理🥩を振る舞われる時がそうだ。

こんな俺でも、極々稀にそうした機会があったりする。

その時に話しかけられると、もうダメだ。“手”さえでそうになる。とにかくダメなんだ。



f:id:ojpkb:20220918131342j:image

なので、常に1人飲み🍶(友達がいないからでは?)

 

何故、食事中に話しかけてくる?💢

何故、食事中に“別の用事”をしようとする💢?

何か話したい事があれば、別の場所でコップに水🥤だけで話せるだろ?

それをわざわざ会食にして、しかもその料理を食べる事(咀嚼)を邪魔する?

 

俺はこれにカチン💢となる。

 

 

だが、大人になれば会食の機会など当たり前だし、それに対応できない方がおかしい。

 

そして、これこそが『何故、そんな事ぐらいで怒る?』という“小さな怒り💢”だろう。

 

俺にとって、食事中に話しかけられるのは、我慢ならない💢

母の“カーテン”となんら変わらない。

 

『小さな事で怒る人は不幸になる』のその“小さな事”は、その人による。

人により違う。

怒りの基準、度合いには個人差がある。

 

ならば、もう『怒らない』と決めた方が早くないか? 

「そんな小さな事で怒んなよ」と言われたら、「お前からすると“小さな事”だが、俺からしたら“大問題”なんだよ💢」と揉めたら、もう決着が出ない。

 

他人の怒りを聞いていると、イライラ💢したりする。怒りは結局何も産まない気がする。特に他者への怒りは。

 

なので俺は、「とにかく怒らない」を最近の“誓い”として働いている。 

メガネがズレても怒らない。

置いた物が落ちても怒らない。

よく考えてみたら、悪いのは俺自身だ。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

10/4 涙とカレーとギリギリの日(2杯目)

“ハロワ”に行った。

 

応募中の会社から返信が無い、と相談すると「ここから連絡してみる?」と言われ、お願いしたが、「もう少し待ってみても良いかも?」と言われた。

 

合否通知は『14日以内』とあり、そろそろのはず。

しかし、俺以外の応募者と返信がないらしく、未だに「選考中かもよ?」と言われた。

 

そうかな?、と思い、もう少し待つことにした。他人に言われて少し冷静になった。

 

さらに、俺は別の求人案件を検索していた。

そこに応募したい旨を伝え、「今、選考中の会社の結果が分からないから…」と言うと、応募することにした。

 

そして、俺が「今、ギリギリで…」と言うと、最近開かれる『氷河期世代就労支援』への参加を勧められた。

「話だけでも良いから、参加してみたら? 近くであるし…」

そのまま求人応募も出来る会社もあるらしい。

俺はこれへの参加を決めた。

 

選考中の求人。

今日、応募した求人。

相談会の求人。

 

今日でいろいろ詰めてきたな。

少しも安心出来ないが、とにかく新しい事を勧ませるのは、気分が上がる。

 

俺はバカ(単純)だから、少し“動く”とすぐに期待してしまう。単純な人間だ。

だが、“前に進む”ならこんなに詰め込むのはアリでは?

 

帰宅し、


f:id:ojpkb:20221004181843j:image

 

昼のカレーライス🍛(野菜)が余っていたので、2杯目。甘いな。

 

昼間と違う味がしたようなのは気のせいか?

涙も止まる。

本当にバカだ。

 

 

10/4 涙とカレーのギリギリの日

以前書いたが、月末の“支払い”で残金👛がギリギリになった。

 

もう俺には何も無い…。

予想していたが、預金通帳の残額を見ると凹むなぁ。

 

先日、親父の様子を見に実家に戻った。

 

身体は以前のようにはいかないようだが、身体は動く。寝たきりになどにはならなかっただけマシかな。

 

しかし、俺は予感はしている。

親父は75だ。

“何が起こって”もおかしくない。今回は何とか堪えたが、“次”はどうなるか。

俺は“覚悟”をしておかないといけないようだ。

 

帰り際、母親がまた食料を持たせた。

断ったが、無理やり持たられた。

 

俺はついでに資金💴の“無心”をしようとしてしまった。(また?)

 

で、それはギリギリで止めた。

 

確かに金はない。

とても40代とは思えない財布の中身💧 

 

あるのは大量の米だけ…。


f:id:ojpkb:20221004104823j:image

 

ならは、まだどうにかなるのでは?

まだ食事には困らない…。

倒れた親から金を貰う息子がいるものか。

“ギブアップ”にはまだ早い。

 

…そもそも、俺は何故、無心をしようとしたのか?

 

3ヶ月前に1人暮らしを始めた時は思っていた。

「たまには近くのファミレスで外食したい」

「思いっきり夜更かしして“レトロゲーム”しよう」

「たまには、街中の居酒屋🏮を飲み歩いたりするかな?」

「道具、買い揃えてルアー釣り、バンバンやろう」

「海釣りの方も、始めちゃうか?」

「たまに旅行とか行く?」

「落ちていたら、新しい仕事への転職、考えるか?」

「俺は自由だ…」

 

…現象は違った。

良かったのは、最初の2ヶ月。


f:id:ojpkb:20221004111617j:image


f:id:ojpkb:20221004111653j:image


f:id:ojpkb:20221004111732j:image


f:id:ojpkb:20221004111839j:image

 

後は、コロナ感染親父入院で、自分の事など全く進まない。金は無くなるし、外食や酒🍶などいけない。ゲームする余裕は無い。釣りにもいけない。旅行など夢のまた夢。

新しい仕事は見つからない💧(この前に応募した求人からは未だに連絡無し💦)


f:id:ojpkb:20221004111754j:image

 

これのどこが自由だ?

 

俺が独り暮らしした理由の“一つ”“自立”だ。

もう40の男だ。

いつまでも親の世話になるは恥ずかしい。それに『1人で生きていける』と両親を安心させたかったのがある。

普通の40代はもう逆に両親の世話をする立場だろう。

 

だから、この独り暮らしは間違っていない。

実家に戻って母の雰囲気を見ると、40代の長男が家を出て、すこし楽になったように感じる。

(…不安そうでもあるが)

 

それが母に、「金が無くなりそうだから、くれよ」は本末転倒だ。

なにやろうとしてんだ、俺は?

 

それに“ヤバい時”だけ「かあちゃ~ん、助けて💦」は違うだろ。情けなさ過ぎる。もう40だぞ?

先月も日雇いやらWワークでどうにか乗り切った。

ならば、またそれを継続だ。

 

母親は俺に無理やり、かぼちゃと玉ねぎを渡した。

 

金👛ゼロになったが、まだまだここから…。

というか、もう年末がヤバい。それは分かっている。

 

しかし、何だ、この生活?

本当に情けなくなる💧💧💧

 

これが自立か?

憧れた独り暮らしか?

 

たまには居酒屋でダラダラ🍺飲みたい。

冬の服も買っておきたい。

歯を直したい。

眼鏡も買い換えたい。

車用の駐車場🅿️も借りたい。

新しい仕事を決めたい。

 

物価高、原油高、転職、病院…。

今後も金のかかる事ばかりだ。

不安しかない💦

 

…そんな事を考えると、やはり両親にすがりたくなる。

 

 

…この考えがダメた。

 

1人で何とかしよう。それが自立だ。

都合の悪いときだけ、人に頼ると癖になるし、信頼を失う。

また節約やWワークをして凌ぐしかないだろ。

早く新しい仕事を決めて、収入を増やすしかない。

 

よく考えたら、この状況(困窮)を望んだのは、俺自身だ。

何でも思い出そう。

これは俺の人生だ。俺自身がどうにかするしかない。親は関係無い。

 

実家から帰宅し…、


f:id:ojpkb:20221004113637j:image

母からもらったかぼちゃと玉ねぎで野菜カレー🍛を作った。

水分が多く、これは失敗か?

 

何だ、このカレー作りをしくじる40は?

 

だが、これが俺の人生だ。“逃げる”んじゃなくて“対応”だ。

このカレー🍛を食べて、仕事を探しに行こう。

短期の仕事でも決めていかないといけない。

 

ここから、“俺が”どうにかするしかない。

金が無いなら、“自分”でどうにかするしかない。

 

 

10/3 併合の正当化と代償

先日…、
f:id:ojpkb:20221002205305j:image

ロシアのプーチン大統領ウクライナで占領中の4州を


f:id:ojpkb:20221002205324j:image

住民投票”で、併合。


f:id:ojpkb:20221002205343j:image

“選択させた”では?

 

これは予想済みだったが、ここまで“力任せ”に正当化するか?


f:id:ojpkb:20221002205358j:image

 

他の国は当然非難。

 

とにかく『形として“選択した”』としたいロシア(プーチン)の意図がありありと見える。

パワハラ”する奴って、必ず「こちらは強要してないよ」と詭弁を用いて、正当化しやがるな💢

 

腰抜けの理論だ。

“ワシは悪くない”

“ワシは間違っていない”

“ワシは正しく生きている”

 

必ずそうヌカす。

馬鹿馬鹿しい💦

 

 

この“併合”の代償は高くつきそうだな。

 

鎌倉殿の7人

有力御家人比企一族が義時に攻められ滅亡。

二代目頼家が死去。

鎌倉幕府創立の功労者、畠山重忠が誅殺(ネットで話題)

 

今回は…、


f:id:ojpkb:20220925202839j:image

義時の父、初代執権北条時政が失脚する。

 

継母のりくが暗躍しすぎだろ。

将軍を身内(婿)にと画策するが、息子の義時に逆にやり返される。

 

騒動前の北条一家団らんが、


f:id:ojpkb:20220925203452j:image

物悲しいなぁ。

この一家が頼朝と関わらなかったら、崩壊せずに済んだのに…。


f:id:ojpkb:20221002201059j:image

 

そして、遂に時政が伊豆へ追放。

北条一家がこれでバラバラに。

 


f:id:ojpkb:20221002202418j:image

内部抗争が北条内部に広がった。

何のための、幕府?、鎌倉殿?


f:id:ojpkb:20221002203455j:image

“悪女”牧の方(りく)は暗殺されそうになるが回避。

全ての原因はこの女性のせいでは?   

 

三谷作品にはこうした“強い女”がよく出るね。

 

 

義時(小栗旬)がついに二代目執権になる。

…そしてまだまだ抗争は続く。

 

 

 

これで残るは?

 

☠️1 梶原景時 1200年駿河で一族ごと殲滅 

☠️2 三浦義澄 1200年病没(ただ一族は宝治年間に殲滅さる →宝治合戦

☠️3 安達盛長 1200年病没(のち子孫が霜月騒動を起こす) 

☠️4 比企能員 1203年一族ごと殲滅(比企の乱) 頼家の子の一幡も殺される。(比企の乱…仁田常忠、全成も殺される)

 

 そして、源頼家が死ぬ☠️

 畠山重忠が冤罪で討たれる☠️

 

☠️5 北条時政 1205年追放(1215年没) 

☠️6 中原親能 1208年病没 三幡(娘)の死の時に既に離脱

 

今はここ? 

後は?

 

二階堂行政 没年不詳 

足立遠元 没年不詳 

和田義盛 1213年和田合戦で一族ごと殲滅 

10 八田知家 1218年病没 

11 三善康信 1221年病没 

12 北条義時 1224年病没 ←ドラマはここまで?

13 大江広元 1225年6月病没

  同1225年7月 北条政子

 

残り7人…。(政子を入れたら8人)




 
 


プロレス心理学130 アントニオ猪木という名の“欲”


:約2ヶ月ぶり(前は2022,7,12=仕事論)のプロレス心理学だ。

この2ヶ月、コロナ感性や、仕事探し、親父の緊急入院などがあり、全くプロレスの深い話を書けなかった。


しかし、昨日、アントニオ猪木死去』の報に大きく動揺した。


f:id:ojpkb:20221002195727j:image

 

前の記事で、アントニオ猪木は“惑星🪐”である』と書いた。


昨夜、猪木の『最期の言葉』YouTubeで見た。

10分ほどの動画だが、物凄く意外な言葉が聞けた。


f:id:ojpkb:20221002195816j:image

「欲も何も全く無いんだから、俺」


俺の知るアントニオ猪木とは欲だらけの男だった。

俺が猪木氏を詳しく知った時は、“引退ロード”に入っていた。


“猪木信者”には申し訳ないが、やはり俺からすると、『過去の人』であった。

偉大で、プロレスに市民権を与え、異種格闘技戦で最強を誇ったレスラー、モハメド・アリと戦った日本人、UWFの旗揚げの遠因になった人…。

 

そして、いろんな書籍などを後から読むと、正直、人間性を疑う話も多かった。

“欲まみれ”、“我田引水”の人と言って良いかも。


f:id:ojpkb:20221002195947j:image


f:id:ojpkb:20221002200025j:image


f:id:ojpkb:20221002200052j:image


それが「欲が全く無い」!?


そんな馬鹿な(笑)


アントニオ猪木は引退の時(1998.4.4)の時に言った。


f:id:ojpkb:20221002200121j:image
「人は歩みを止めたときに、そして挑戦を諦めた時に、年老いていく」


“歩み”“挑戦”根幹は何か。

それは欲に他ならないだろう。

お金、地位、名声、女、栄光…。

それをどん欲に欲して動き回っていたのが、アントニオ猪木だろう。


俺はそう思う。


その猪木が「…欲がない」という

当たり前かもしれない。

猪木は、ここまで年老いて、寿命が尽きかけているのだから…。


人は欲があるから生きていける。 

欲するから、手に入れるまで生きるのである。

どん欲に、実直に、執拗に追い求める事が“生きる”事であり、人間だ。

アントニオ猪木はそれを体現したような生き方をしてきた、と思う。



f:id:ojpkb:20221002200322j:image


アントニオ猪木には“ハプニング”(トラブル)が付き物だった。

日プロ追放…。

アントンハイセル…。

IWGP舌出し事件…。  

猪木ボンバイエ

借金💴


それを「元気ですかっー!」で誤魔化してなかったか。


そのハプニングは、猪木が“生きているから”巻き起こるのかもしれない。


猪木の欲がハプニング(トラブル)を産んだ、とも言える。


その猪木が「欲がない」という。そんな馬鹿な。


f:id:ojpkb:20221002200419j:image

その猪木の“今”の希望は「世界の環境問題」らしい。

…何か、アントンハイセル(バイオマス燃料)にまた手をだそうとしてないか?


やはり、猪木は猪木だ。

「欲がない」わけがない。

猪木の今の欲はこれだ。安心した。


「人は歩みを止めたときに、そして挑戦を諦めた時に、年老いていく」


やはりこれだ。

これを言い換えたら、「人は欲を失ったら、死ぬ」ではないか?

そうでなくとも、人は亡くなってしまう。


ならば、を持つべきだ。


猪木が言うには、プロレスとは、


f:id:ojpkb:20221002200540j:image

『闘いを通じて、己の魂を磨いていく事』らしい。


アントニオ猪木燃える闘魂🔥」と言われた。


その魂はどす黒い欲の塊に他ならない。

それを燃やして、魂を磨いて(削って?)、猪木は生きていた。


「人生、一寸先はハプニング」であるなら、アントニオ猪木の人生はハプニングしかなく、それに対して“闘魂(欲?)を燃やしていた”のか。


そう思うと、今生きている我々も欲を持つしかない。

それがあるから、生きていける。


「馬鹿になれ!」と猪木はよく言った。

馬鹿は危ぶまない。

馬鹿は躊躇しない。

馬鹿は迷わない。


アントニオ猪木は、そんな馬鹿であり、同じような馬鹿(信者?)を熱狂させた。


この道を行けば、どうなるものか。


危ぶむなかれ、危ぶめば道は無し。


踏み出せば、その一足が道となり、


その一足が道となる。


迷わず行けよ、行けばわかるさ。


f:id:ojpkb:20221002200644j:image

引退の時の、この詩の意味がまた違って聞こえないか?

これは他者への応援とか、道標ではなく、“魂(欲)の燃焼”してきた己を見せたのではないか。


アントニオ猪木は、存在そのものが“欲”である。

 

 

闘魂最後の言葉と“天井”

 

…で、昼に一報を知り、ショックを受けた。


f:id:ojpkb:20221001224330j:image

猪木氏の死去の話題を報道ステーションで観る。

本当に死んだ、と実感💧💧💧


f:id:ojpkb:20221001224343j:image

武藤が報道ステーション出ているのが、実感を深める。

 

で、猪木のYouTubeアントニオ猪木 最期の言葉』を観た。


f:id:ojpkb:20221001224242j:image

あのアントニオ猪木がこの姿…。

 

その猪木が言った。


f:id:ojpkb:20221001224254j:image

 

一日中、天井を観ているとという。

 

俺もそうだった。

病院にいた時(脳腫瘍)、天井ばかり見ていた。

病室の白い天井ばかり観ていた。

悲しかった💧

他にやることがない、というも分かる。

そして、人生が止まった気がしていた。終わったような気がした。

 

“俺って何なんだ?”と思っていた。

 

アントニオ猪木引退試合後に言っていた。

『人は歩みを止めた時に、進むことを止めた時に年老いていく…』


f:id:ojpkb:20221001224307j:image

だから、猪木氏は未だに地球の環境問題(ゴミ問題)を解決したいらしい。

未だに“進もう”としている。

 

『迷わず行けよ、行けばわかるさ』だな?

人は立ち止まってはいけない。

破滅的に、爆発的に、闘魂的に、進まないと行けないようだ。

 

昨日、預金見たら、もう限界値か、と悲しかった💧

だが、止まってはいられない。

先月、応募した会社から未だに何の連絡も無し。

 

しかし、“止まる”事をしてはいけない。

破滅でも、発展でも、突き進むしか俺には無いだろ?

『踏み出せば、その一足が道となり、その一足がや道となる』

進もう💦

 

…『次回』と出ていたが、続くの?