鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。①日記(普段の生活やテレビの話題と社会考察) ②プロレス心理学(とプロレス&格闘技の話) ③非居酒屋放浪記 ④派遣録(派遣していた&いる時や過去の話)

#格闘技

プロレス心理学91 誰の為の"思い込み"

そろそろ"決め付け、思い込み"の"まとめ"の話をしていこう。 大学卒業後、俺は"ブラック企業"(当時はそんな言葉無かったが…)に就職した。 そして、4月から大阪の店舗で1ヶ月間、研修をした。 その最後に、ガリガリに痩せたよく分からない眼鏡を掛けた怪し…

プロレス心理学90 "裏切り"の精算

『何故、人はあんなに"思い込む"のか?』 俺が社会に出てから時々考えてしまう謎だ。 人は、思い込む。決めつける。 こちらが、『何故?』と思えるような"僅かな"出来事、"些細な"行動、"他愛ない"発言を物凄く過大に捉えて、とんでもない思い込みをしたりす…

パーフェクト!

ここ数日、密かに楽しみにしていた、WBSSバンタム級トーナメント準決勝(イギリス グラスゴー)。 井上尚弥の相手は、IBFの無敗チャンピオン、ロドリゲス。 (大丈夫か?)と懐疑的だった。 1ラウンド目はロドリゲスが慎重に攻めたが。 2ラウンドでKO! 強…

プロレス心理学89 "惜しい"男

少し前になるが、新日のKUSHIDAが退団した。 最近、WWEの下部組織、NXTでのデビューが決まったらしい。 このまま、シンスケ・ナカムラのようにトップ戦線(WWEJr.の…)に食い込んでいくのか? KUSHIDAは実に"惜しい"レスラーだ。 2006年頃に新日に入団。 入団…

RIZIN15 ②

少し注目していた浜松在住のブラジリアン柔術王者、サトシ・ソウザ。 ボンサイ出身。 "キモ強"の北岡悟と対戦。 まさかの打撃決着。 派手な試合が多かったような気がする。 差のあるカードでインパクトを重視したか? でも面白い対戦もあったのも事実。 堀口…

RIZIN15 ①

今日はRIZINだ。 RENAが復帰戦。 少しヘバった感じはするが…。 判定勝ち。 …もっとスイッチしてバンバン攻める選手の匂いがしていたが。 少し鈍った? ジョシカクの勢いを止めないで欲しい。 天心はパッキャオの"刺客"と対戦。 あんまりキックになれてい…

プロレス心理学88 コーヒー戦争

かなり昔の事だが、コーヒー☕で友人と揉めた事がある。 割愛するが、その友人は、俺がコーヒー☕が"嫌い"だと思い込んでいた。 実際には、俺は別にコーヒー☕が嫌いでも好きでもない。 飲みたくなったら飲むし、飲まないくても別に構わない。 その程度の思い入…

プロレス心理学87 プロレス的"NGT事件"

この事件、NGT48が解体されるらしい。 何だかよく分からないままだ。 これで"幕引き"なのか? だけど、批判は絶対に無くならない。 それは、この問題について完全に"説明・解明"できる人間がいないからだ。 『第三者』、『公平な立場』の人間を連れて来なく…

プロレス心理学86 思い込みの"アングル"

"思い込み"、"決め付け"の強い人間によくある性質が『やたらと自分に都合の良いストーリーを想像する』という点だ。 こちらは全く聞いていない話が、その人間の中では順調に進んでいる事が多い。 「明日の飲み会だけど…」 (そんな約束していない) 「ミーティ…

高山…。

SBSの『ザ因縁』を観た。 あの高山善廣がドン・フライと再会。 ↑ このノーガードの殴り合い。 しかも総合格闘技(MMA)で。 今の高山を観て、…絶句した。 頸髄完全損傷…。 首から下の感覚無し。 回復の見込み無し。 ここまで悪いとは…。 もっと良くやっている…

プロレス心理学85 青木真也の"KY"理論

この前、ネットで格闘家、プロレスラーの『大抵の悩みは「うるせぇ、バカ」で片がつく』を読んだ。 俺は以前、彼の著書『空気を読んではいけない』を読んでかなり感銘を受けた。 『大抵の悩みは「うるせぇ、バカ」で片がつく』とは、他者との"距離感"をどう…

プロレス心理学84 "しょっぱい"闘い

大学時代、よく麻雀をやった。(弱かったが…) 仲間でよくやったが、その中に絶対に麻雀をしないと友人がいた。 「何で麻雀しないの?」と尋ねると、 「だって、負けるもん」 と言った。それを聞いた別の友人が怒って聞いた。 「オマエは勝てる勝負しかしない…

ライガー引退

新日の獣神サンダーライガーが来年の1.4で引退を発表。 軽くショック。 長い間、新日ジュニアの、ジュニア全体の象徴だった。 あのライガーが…。 『8冠統一ベルト争奪戦』…。懐かしいな…。 ただ、 ニュースで堂々"本名"をいうのは、ちょっと…。 「リバプー…

プロレス心理学83 自分を"辞める"人

今まで経験した職場で、何かあると「辞める!」と言い出す奴が必ずいた。 一人はいた。 「もう辞めるてやる!」 それが新人などではなく、ベテランや長く勤め上げた人がそう言い出すのを何度も見た。 その多くは自分が辞める事を『取引先』の材料にして、待…

プロレス心理学81 花粉症🌁😷ならば

雨が嫌いな"例の"友人と口論になった事がある。(度々) 花粉症についてだ。 俺はかなり重度の花粉症患者になる。 毎年この時期はかなり苦しい。 朝から目は開かない。鼻水はダラダラと流れ出し、何を食べても味が薄く感じる。鼻炎薬は必須だ。 対して、この友…

プロレス心理学80 雨降らば…

先日、雨が降った。 (久しぶりにしっかり雨が降った気がするが) 雨を見ると、雨が嫌いだった友人を思い出す。 正確には、雨が"降る事"が嫌いだった。 どういう事か? 彼は雨が降るといつもイライラ⚡していた。 ある日、何でそんなにイラつくのか?と聞いたら…

プロレス心理学79 弱者の"青空"

『自分を愛し過ぎない』と決めた俺に、そこから『そうしよう』決めている事がある。 それは『強い者いじめ』だ。 世の中には、"弱い者"がいる。 だが、それは弱い者側に問題がある場合もある。 仕事が遅い奴がいる。 何度言っても間違える奴がいる。 何回も…

プロレス心理学78 愛し過ぎませ~ん

どの会社を受けても落とされ、派遣の現場では周囲に小馬鹿にされ続けた俺は考えた。 果たして、世の中(社会)に必要とされているのか? 30歳半ばの病気持ち(脳腫瘍)の男。 冷静に考えたら、そんなヤツ、会社が雇う分けない。 俺は"要らない"人間なのか? だが…

プロレス心理学77 フリーバード(西村)

入社直前の介護事業社に"入社取り消し"された俺は再びアテの無い"放浪"(無職)生活に戻った。 もう何かの組織(会社)に所属するのは、辞めた方が良いのか? いや、そもそも俺にはもう何かに所属する事自体が無理なのか? 「私も組織の人間です…」と俺に言った…

プロレス心理学76 勇気ねぇよな(腰抜け達のプロレス)

2013年の夏。 一向に就職のめどが立たない俺は、(当時も)人手不足の介護の仕事に就こうとした。 当初、かなり迷った。 脳腫瘍は除去されたとは言え、再発のリスクはある。 今度再発したら、"ステージ2"で済むだろうか? 将来、介護"する"側から、"される"側…

プロレス心理学75 キレましたか?

思い込みの(自己否定の)強い人の怒る心理パターンは、こうだ。 惻分は間違っていない。正しい』と思っている。 ↓ 1、自分の考えること、行動は"正しい"』と思う。 ↓ 2、しかし、他人は自分の言動に従わない。 ↓ 3、"正しく"、"間違っていない"自分に従わ…

1/25 AEW

アメリカの新団体AEWが話題に。 先日、ドームで内藤と戦ったジェリコも参戦。 これで当分は日本には来ないな。 ライオン道(WAR)の頃から好きだったのに。 しかも、 https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20190125-00112302/ ケニー、まさか新日本離脱…

プロレス心理学74 性悪論とプロレス

2012年の夏。 2回目の脳腫瘍除去手術が終わり、俺は退院し、スポーツジムで1人孤独にリハビリを続け、体調などは比較的には手術前に戻れた(言葉以外…)。 しかし、仕事は"公的社会保険事務所"を契約解除になってから、一向に見つからず、書類選考、面接で落…

プロレス心理学73 肯定と否定

前回書いた俺の"知り合い"は、とにかく思い込みが強かった。 「…アイツは俺を馬鹿にしている」 「…アイツは俺が嫌いだ」 端から見たらそんな事ないのだが、とにかく、誰かを攻撃し、排除しないと気が済まない性格のようだった。 話を聞けば、それは相手が彼…

1.4 東京ドーム(2019) ②

メインは、オメガvs棚橋 戦前から、妙に"イデオロギー"闘争をアピールするが、"無理矢理"感を受ける。 試合は、互いの意地を張り合う展開。 ベストバウトではないが、"新日"らしい闘い。 勝者は棚橋。新王者だ。 このタイミングで棚橋が王座に就くとは…。 ど…

1.4 東京ドーム(2019) ①

今年の新日東京ドーム。 朝日テレビの"ワールドプロレスリングSP"で観戦。 クリス・ジェリコvs内藤哲也は、 ジェリコが凶器攻撃を連発のやりたい放題。 その中で何とか勝った内藤は凄いな。 今年も内藤が新日の中でまた盛り上がっていくのかな? (LIBJ、新…

RIZIN.14 ③ メイウェザー

今回のメイン。 那須川天心vsフロイド・メイウェザー あのメイウェザーが日本で見れるなんて…。 奇跡だ。 だが、そのメイウェザーは完全に舐めた感じ。 試合会場には遅れる。 インタビューは「so easy」(楽勝さ)。 会場入り後もマイペース。何だ、この態度は…

RIZIN.14 ② ベストバウト

俺的なベストバウトは、 山本アーセンvs宮田和幸。 アーセンのパワーは相変わらず凄いが、 宮田和幸の変形(ワンハンド)アームロックで勝ち。 こんな技、見たことないぞ。 いかにもMMAな試合で満足。 個人的には同い年の、 北岡悟vs川尻達也の闘いに感じるも…

RIZIN.14 ① 驚き

録画したRIZIN.14をじっくり観戦(遅)。 驚く事が多かった。 まず、アイドルが総合格闘技に本格参戦。 …この娘、前にプロレスしていなかった? アイドルが格闘技? やれんのか? 案の定、ボコボコ。顔面殴られている。良いの? でも、また闘って欲しいな…

プロレス心理学72 "思い込みと自己愛"の果て

脳腫瘍から復帰した俺だったが(2012年)、就職は決まらず、自分の"現状"を思い知っていた。 俺が大学卒業後に社会人として感じていた疑問や、感じていた"生きにくさ"に向き合う時だったのかも知れない 一人、思い出した人間がいた。 大学の頃の知り合いだ。 …