鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。

地獄の介護崩壊

新型コロナウイルスの感染者が急増。

 

そんな中…、


f:id:ojpkb:20201118185811j:image

 

先日、『介護崩壊』のドキュメンタリーを見た。

介護老人ホームで新型コロナのクラスターが発生。たちまち蔓延。

多数の死者が出た。

 

介護現場は、


f:id:ojpkb:20201118190133j:image

 

地獄だ。見ていてゾッとした。

 

介護士、医者がいなくなり、施設の機能が完全に停止。汚いシーツ、オムツもそのまま。

感染が止まらない。

止まらないから、人が来れないし、逃げていく。

また感染が広がる。

 

利用者の受け渡し、病院への受け渡しもできず、待っているのは、“死”である…。

 

崩壊とは、こうして進むのか…。

背筋に冷たいものが走る。

 

こんな事が今も、日本のどこかで起こっているし、これからも起こるだろう。

介護現場は、医療崩壊より近く、直面する問題ではないか?

介護施設には、身体の弱い老人が多い。

そこに、“コロナ”が来たら…。

 

やはり、死だ。

死に直面“するしか”なくなるのだ。

 

俺のいる病院でも段々と忙しくなって来た。

コロナかどうか、わからないが、“危機”は近い気がする。

病院でさえ、そうなのに介護現場は今、どうなっているのか?

おそらく待った無しの状態ではないのか?

 

とにかく、“働く人”が欲しいようだ。

働く人がいないだけで、亡くなる命がある…。

 

だから、俺はまだまだ働くぞ。

とにかく、人力が欲しいようだ。別に医者じゃないけど、俺のできる事をやる。ゴミ運び、オムツ回収だけでも、俺のやれる事をやる。

 

1日も早く、この“コロナ”が収まるのを願いつつ、俺のできる事をやる。

崩壊するのは、いつも人の心だ。

誰が、崩壊するか、このバカ野郎!!