鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。

8/3 “フォクシーナイト”(キツネの夜)

炎天下☀️☀️☀️の中、病院まで行った。かなりの安全運転。

 

院内には入らず、外で検査。

電話すると、検査係の救急(?)対応の看護士さんが来てくれた。

検査はすぐに終わる。結果はメールなどですぐ

上司も部署から来てくれた。(近寄らないで挨拶)

 

この時から身体のダルさが増す。

すぐにまた原付🛵で帰宅。帰りに近所のドラッグストアーで食料🍞と、念のために解熱剤💊を買った。

 

自宅に戻ると、身体の異変に気付く。

喉が猛烈に痛い。外にいたからか、汗💦が

体温を計ると37.9℃とほぼ変わり無し。

 

そこでやはり疲れていたのか寝てしまった💤

そこに病院から連絡。

 

やはり新型コロナウイルス感染症“陽性”…。

 

やはりかぁ😱😱😱

想像していたが、自分が感染するとは…。

 

ちなみにワクチン注射💉は3回接触済み。これ以上はひどくならない?

 

どこで感染した?

ま、病院か?

1日にゴミの廃棄場に長時間いたのが原因?

院内では、かなり衛生除菌に気を使っている。“ゾーン”にも入らないし、感染者の廃棄物は数日放置し、アルコール消毒されている。あそこから感染するとは思えない。

ここ数日、病院もコロナ対応で大変だった。

俺は仕事を終えると、すぐに帰宅していた。他に立ち寄ったのはコンビニや例のドラッグストアーくらいだ。

 

こんな状況だ。

仕方ないかもしれない。

 

そして、思った。

独り暮らししていて良かった。

もし俺がまだ実家にいたら、両親(特に親父)に感染させていただろう。年老いた両親👴👵は命の危機に繋がる。

実家近所に住む弟家族にも感染させたかも?

俺が1人陽性で苦しむだけなら、それで良い。他の人間(家族以外も)に感染させないようにしよう。

 

病院からは、暫くの間出勤停止と一週間後の再検査を約束した。

 

弟から電話があった。

「兄貴、大丈夫か?」

「何とかな。暫くは静かにしておく」(俺は声が不自由なので本当はこんな滑らかに話していないが…)

 

…と答えつつ、既に喉がおかしかった。咳が漏れだす。

 

すぐに夕飯を食べようとしたが、喉が猛烈に痛い😖💥食べられないぞ!?

 

喉が焼けるように痛い!

咳が止まらん! 我慢しようとすると呼吸ができない! 息苦しい…。

 

なんだ、これ?

新型コロナが進んだ。

 

もう寝よう、と思った。

 

だが、寝られない…。

喉が痛くて、空気を吸うだけで痛い😖

水分を取ろうとすると、何とか飲めたが、痛い!

 

咳も酷い。

止まらんぞ。とにかく止まらん。

止めようとすると、キョン! キョン!」「キャッ、キャッ!」とおかしな声になる。我慢できなくて「コンッ! コンッ!」と咳。

 

YouTubeで見た日ハムの「キツネダンス」🦊か?

 

一晩中、「キャッ」「キョン」「コン」と真っ暗な部屋で鳴いてた。

 

隣部屋の方、「キツネ、いんのか?」と思わなかったかな?(思うか)

 

朝まで咳が止まらない…。