鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。

小さな怒り② 父とドラゴンスリーパー(未遂)

先月(9月)の事。

“コロナ”から立ち直り、実家に向かった時だ。(食料品を大量にもらった時…)

 

母親から「お父さんが畑で草刈りしているから手伝ってきて!」と言われ、実家から数メートル離れた畑に向かった。

コロナ感染で両親に迷惑を掛けたので、少しは役に立ちたかった。

父には実家を出る前に、「俺に手伝ってほしいことがあれば言えよ」と伝えてある。しかし、この日の草刈りを知らなかった。

 

それで畑に向かうと、父が草刈りをしていた。

…這いずり周りながら。

 

腰の悪い父は屈んで草を刈れず、ほとんど寝転がるように草を刈っていた。

 

今から思えば、この時から親父の調子は悪かったのか?

 

俺は、「親父! 何してんだよ💢」と怒鳴った。

 

父「何って、草刈りじゃねぇか?」

俺「…立てよ」

父「腰が痛ぇんだよ!」

俺「なら、先に俺に言えや! …言っただろ!」

父「そしたら、お前怒るだろ!?」

 

父親が寝転がるように草刈りをする経緯はこうだ。

 

畑の草が気になる。

草刈りを息子(俺)に頼もうと思う。

だが、忘れてしまう😨

草刈り予定日がくる。

直前に言うと息子(俺)は激怒💢する。

で、仕方なく自力で草刈りをしようと思う。

腰が痛くて立てなくなる。

 

…という事らしい。

これに俺の癇癪が爆発した。

「何故、事前に言わないんだよ!」

「早めに言えや。それなら手伝うっていうだろ!」

「何で忘れんだ!」

 

で、父親が逆キレ。

「うるせぇ💢」「しょうがねぇだろ!」「これしかないんだよ!」

頭に来た。畑で父親にドラゴンスリーパーをかけるところだった。(汗だく👕💦で止めた)


f:id:ojpkb:20220918131714j:image

 

実家に父親を戻し、残りの草は刈り込み、俺は改めて父とケンカ💥になった。

 

…そして改めて考えてみる。

これって俺が悪くないか? 

 

実家にいた頃、俺が休みの日、父は何かと“用事”を頼んできた。長男として出来るだけ俺がやるようにしていた。

だが、父はよく俺が出かけようとしたり、他の用事がある時に「おーい、ちょっと良いか?」と声をかけてくる。

その度に、俺は父親に怒った💢

「たがら、早めに言えよ。大変なら俺がやるからさー💢」

これがいけなかった(反省)

 

父は俺に草刈りの予定を告げるのを忘れ、当日に言うと、また俺がキレると思い言えず、泣く泣く自力でやり、腰を痛めたのだ。

 

これは俺のせいではないか?

すぐに怒る俺に父が遠慮したのが原因だな。

俺が父に怒らなければ、親父は1人で除草に向かわなかった。

当日に言われても、怒らずに対応していたら、親父は入院しなかった?

 

俺は激しく反省している…。

 

「小さな事で怒る人は、幸せになれない」といのはこの事からも、本当だと思う。

畑の草刈りぐらい30分ぐらい済む事だ。俺は怒らずにやれば良いだけ。怒鳴るのはからおかしくなる。

 

俺を“器の小さい俺”はすぐにキレる💢 

だから、父親は俺に「草刈りしてくれよ」を言えなかったのだ。

 

これは俺の責任だ。

父を詰る(なじる)権利は無い。

 

 

…他責と自責。

俺達はついつい他責をしたくなる。

「俺は悪くないぞ!」

「アイツの責任だ!」

直接言えなくても、遠回しにそんなニュアンスを言いたがる。

なかなか「悪いのは俺自身」と言えない。 

 

自責だけ、というもどうかとは思うが、他責だけする、というはかなり間違った話だ。

 

小さな事ですぐに怒る人(俺?)は、必ず他責をして、自身を責めない、責められない。甘い人間だ。

 

上の草刈りの話の通り、自分を責めきれないと不幸になる。他者と不和になる。

他責は、他責をする方は気分は良いが、“責任を押し付けられる方”、“責められる他人”はたまったものではない。

当然、揉める。

俺からすると、そこで揉めるのはアリとも思うのだが、そうした争いが必ずしも温和に収束するとは思えない。

 

他人を責める前に、我慢して、己れの行動を振り返ってみるべきだ。

 

…と冷静になると思うのだが、上の草刈りの時のように“寝転がる父”を見ると、カチン💢となる。

怒りは何も生まない。

怒りは、孤立を産むだけ。

怒りは、必ず最期は自己に向かう。

 

怒りは“麻薬”だ。

自分を守り、他人に怒りをぶちまけるのは“心地好い”ものだ。

 

そして不幸になる。

 

 (続く)