鈴木篠千の日記

2度目の移籍。浜松近郊でフリーライターしてます。

10/6 SNSの功罪と腰抜けのやり方

少し前に、残念なニュースがあった。


f:id:ojpkb:20221004224052j:image

 

朝倉未来vsメイウェザー戦(9/27)で、大会後、観客席がゴミだらけ。

 

こうした光景を見ると、別の気持ちと反省感じる。

まず、試合に興奮しながらも、“ゴミは”放っておくのか?、という事。

 

そうした事をすると、逆に試合観戦に集中してないのでは?

試合が面白いのと、ゴミを持ち帰らないのは違う。

 

“観戦マナーが…”と叱るつもりはない。

ゴミを放って帰るのは、盛り上がった試合とは別だろ?

…恥ずかしいな。

もう“観戦用”のゴミ用の“袋”ぐらい持ち込めよ。それそれで回収てから帰れよ。無いなら手持ちで帰れ。

 

ただ、こうした事が俺の目の前で行われたら、きちんと注意できるのか?、と自問してしまう。

それが次に感じた事だ。

もし、俺がこの場にいて、観戦後に周囲の客がバラバラとゴミを撒き散らしたら、きちんと注意できるか?

こんなSNSで、しかも他の記事からの転用を観て、憤っても、実効性は薄い。

やはり、“直”で言わないと、その場にいた人間には響かない。

 

だが、SNSの良い部分はそこにもある、と俺は思う。

世の中には“言いにくい事”があるし、怒り💢、嘆き💧、楽しさ😃は人により違う。

俺などとは違い、こうした光景を見たら、大声で注意出来る人間もいる。それは正しい行動だ。

しかし、出来ない人間もいる。(そちらの方が多くないか? )

 

正しい行動ができないが、SNSならできそう。

ならば、それをSNSで発言するのは悪くない。

そういう風にしな言えない人間もいるのだから、憤りや間違いを指摘したり、訴えるのは、ネットの“良い面”だと俺は思う。

 

過剰に主張するのは、“言い付け”になってしまい、それは恥ずかしい…。

バランスが微妙だ。

 

だが、今回は上げた画像は“アリ”に思える。

間違ってんのかな?

それでも“腰抜け”の言い方は良いと思えるのだが。

 

 

10/5 3割の“闇”

統一教会が、荒たに「献金は収入の3割までとする」とした。

 

俺はこれにかなり『?』が付いた。

 

多くない?


f:id:ojpkb:20221005071334j:image

 

今、特に今月の収入がギリギリの俺からすると、3割はかなりの額と思える。

人にはよるが、これでも捻出すると生活が危ないのではないか。

「3割だから、ま、いいかー」にならないだろ💢

 

それに、そう言いながらまた“網の目”をくぐって、信者から金💴をむしり取る気だろうな。

 

しかも、


f:id:ojpkb:20221005071356j:image

「政治家への支援」は続けるらしい。

 

何だか、怪しくない?

しばらく静かにして、また“霊感”を始める気では?

霊感商法は厳密には“合法らしい”が、またやる気だろ?

 

 

小さな怒り⑤ “奴隷”の行く末

以前の俺の話だ。

 

とある求人誌の編集部にいた。

 

俺はアルバイト入社だった。

 

俺は“本部”というところに“代理”として働いていた。

俺を入社させた人達は俺を“焚き付け🔥”た。

 

仕事の流れに加わらせ、己らの都合の良いように俺を動かした。

それに気が付かない俺は“本部”の体制などに怒り💢をぶつけた。幹部や編集長、周囲とよく揉めた。

“揉める”のが嫌いではない、という事もある。

会社の偉い人達に食って掛かった事もある。

 

で、最後にはどうなったのか?

 

正社員に“上げて”もらった直後に“解雇”

建前は“リーマンショック”だが、社内で暴れ、生意気なバカは“切られる”のは当たり前。

 

俺が解雇になっても誰も救ってはくれなかった。

「…何も言えない」と俺は無視された。

周囲の態度を俺は絶対に許さない。このブログ、別ブログ、小説と何度も書いている。

“アイツら”を潰すまで、絶対に許さない💢


f:id:ojpkb:20221004130942j:image


謝っても許さない!

俺の感じた絶望、哀しみ、悔しさはどこに向かわせたら良いのか?

 

 

だか、よく考えたら、俺の『小さな事で怒りやすい性質』を見抜き、利用され、俺はさらに“大きな怒り💢”を抱くことになる。

 

これって、俺のせいでは?

 

親父の“草刈り”と同じだ。

沸き上がる怒りに“酔い”、利用され、他人を恨んだり、キレているだけ。

 

誰のせい?

 

間違いなく、俺。

 

改めて思う。

『小さな事で怒ってはならない』

怒るとこうなる。

 

 

 

 

小さな怒り④ 感情の奴隷

『小さな事で怒る人は幸せになれない』

 

それは何故か。

それは根本的にその“怒り”💢が、“快楽”😃に近いからだと思う。

 

以前、とある小説で登場人物がヒドい目に合いながら、怒る💢主人公に「“感情の奴隷”にはならないで…」と懇願して諌めるシーンを読んだ事がある。

 

怒り💢はある意味、心地好い。

沸き上がるどす黒い感情を吐露し、それを憎い相手に投げつけるのは嬉しい事でもある。ストレス発散でもはないか?

 

“少しの事”でぶちキレやすい俺には、これにも少し理解出来る。

怒り、嘆き、己の“被害”を他人に主張するのは、どこか心地好さがある。

 

だから、してしまう。

怒り💢を他人にぶつける。(両親、友人…)

 

そうして“ぶつけられた方”(両親、友人)は心地好くはない。

頭に来る💢💢💢

 

なので、


f:id:ojpkb:20221004124902j:image


そこに争いが生まれてしまう。怒りは怒りしか呼ばない。

 

怒りやすい人間は、何かあれば怒る💢

怒り💢の感情が吹き出させやすい。

その吹き出す感情に心から従いたくなるのは、もの凄く分かる。

 

怒ると、他人から多少、遠慮する、萎縮する。

交渉してくるタイプ人間に対し、怒りの感情を見せると「この人は怒っている💢」と認識するから、対応・態度が変わる。

 

怒る人間はこれが分かる。

(…怒れば良い)と思ってしまう。

だから、人はまた感情(怒り🔥)に従う、また怒りの“奴隷”になる。

 

感情の奴隷になるな。

 

それはで書いた『立場を上げて、おねだりをしてくる腰抜け』と同じでは?

怒り💢という感情を放つ人間(俺も?)は、それを利用しているのだ。

 

これは、他人にコントロールされているのと似てないか。


f:id:ojpkb:20220918131948j:image

 

だから、改めて思う。

『小さな事で怒らない💦』

“小さな事”とは、“自分にとって”ではなく、世の中の多くの事に対してである。

 

怒りの感情の奴隷は、そうやりやすい。

その怒りに任せて、行動し、後悔する。(両親…)

 

 

実のところ、俺は怒り💢に対して肯定的だ。

ブラック企業、求人誌、某年金事務所、派遣会社、上司、同僚、貧しさ、恋人、友人…。 

 

それに対する怒り🔥は、俺の原動力になっていたりする。(“合”シリーズで紹介…)

 

怒りは“力”だ。

不安、不満だから怒り、だから前向きに行く事もある。


f:id:ojpkb:20220918132010j:image

 

そして同時に怒り💢には際限が無い。

どこまでも怒れてしまう。それこそ『小さな事』で怒るようになる。

他人を無用に攻撃し、関係を悪くさせ、不幸になる…。  

 

で、また怒る💢

すぐに怒る俺に、優しく“立場”を押し付けてくる腰抜けがいるからだ。

 

で、また怒る💢

『小さな事』で他人、家族を怒鳴る。

 

…と、ここまで冷静に考えてみたら、やはり怒る必要が無い。

これは無限地獄か?

 

感情の奴隷は同時に、“怒りの傀儡”であり、“終わり無い地獄”への道程だ。

 

その怒り任せの行動は、他人を不快にする。

後々にはマイナスになる(と思う)

誰かに、それを理由されたりする。(⑤で解説)

 

怒らない、それが俺の今の目標だ。

 

《続く…》

 

 

 

 

 

 

小さな怒り③ 行動力と度合い

『小さな事で怒ると…』と言うと、どうしても書きたい話がある。

 

俺は何故か、友人から“集まり”を催促される事が多い。

 

昔、やたらと飲み会🍻の開催を催促してくる友人がいた。

とにかく“宴会”が大好きで、俺を“幹事”にさせたがり、参加者を集めさせたがるのだ。

 

だが、本人は全くしない。一切動かない💦

俺に“丸投げ”💦


f:id:ojpkb:20220918131846j:image

 

それも1、2回ならまだやるが、毎回となるとさすがに怒りが募る💢

「…なんで俺ばかりに頼んでくるんだ💢」と怒ると、「みんな、俺が誘うとみんな断るんだよ💧」と答えた。

俺が「それくらい(飲み会🍻)、自分で開けや💢」も怒ると、「『それくらい』ならお前がやってよー💧」とまた“ねだって来る”💢💢💢

 

俺からすると飲み会の開催など「小さな事🍻」であるのだが、そいつからすると“決して小さな事”ではないのだろう。

自分では出来ないのだ。腰抜けだ。

 

で彼らは、俺が「小さな事」と思うのなら、それを“出来る人”(俺)に“任せる”という事なのだろう。

迷惑な話だ。バカ野郎。

 

俺はこれに毎回カチン💢と来ていた。

 

俺の人生にはこうして“人集め”のお願いをしてくる“腰抜け”が多く、その度に頭に来ていた💢

高校、大学、職場…。

集めるなら、自分の力でなんとかしろよ💢

俺もみんなで集まり、ワイワイ😃💕と楽しむのは嫌いでは無い。

だが、お前らもそうならば「自分でやれよ!」「自力で開け、馬鹿💢」「俺に頼るな!」だ。

 

何故、俺に押し付けて来るんだ?

俺を舐めてんのか?(たぶんそうだろうなぁ)

俺なら、何でも言うこと聞いてくれると思ってんのか?

何故、“それくらい”ができない?

行動力が無さすぎる!!

 

…と、「それくらい」と言うとまた「って言うなら、やってよー」となる。

 

で、また俺は怒り💢

 

 

物事には度合いがある。

個人で捉え方が違う。

俺が「小さい」と思っても、他人からしたら「とても大きい」と思える事がある。

 

行動力は個人で違う。

「動ける」人もいたら、「動けない」腰抜けもいる。(お前だよ、お前👉️)

 

 

お金💴の価値が人により捉え方が違うのと同じか?

千円高額(多い)と思う状況もあれば、少ないと思える状況もある。

 

 

誰かに「小さな事で怒るな💢」と言われたら「これは俺には小さな事ではない!」と抗弁できる(これ自問自答?)

「これは俺にとって、重大なことだ!」と思えば、どんな怒り💢は肯定される…。俺の嫌いな“正当化”だ。

 

だが、そうならばキリがない。

「重大なこと」は何でも怒りをぶつけてよくなるからだ。  

 

それで周りから見て、「アイツ、また“あんな事”ぐらいでキレてやがる」となる。

悲しい愚かさがある。

 

ならば、もう怒らない方が良い、と思う。

怒りは、他人との関係を悪くする。

 

誰かに頼まれたら、「そんな事、やれないよ。他に頼んで」「また俺? もう自分でやれば?(笑)」と、にこやかに“かわす”のが正しい。

物事には度合いがあるからだ。頼んできた奴に怒るは正しくない。

 

他人の“ペース”には付き合わない。頼まれとも怒らない、…ようにしたい。

 

世の中には、己の力で行動出来ない“腰抜け”はいる。よくいる。(俺もそんな面はある)

 

だから、そういう他人とは、極力、付き合わない。

小さな事で怒りたくないから。

 

 

話は変わるが、派遣をしていると、立場を理由してこうした事(主に仕事やそれ以外の“小さな”事)を押し付けてくる腰抜けがよくいる(村◯?)

 

こうした馬鹿には、金銭を要求すれば良く、それが嫌なら「やらないよ😜」と断る理由にしたら良い。

相手が「仕事」と主張するなら金銭が発生するのは当然だ。

恥ずかしい事では無い。

そいつからしたら「大変な事」を代わりにするなら、金を払うべき。

嫌なら諦めろ…。

 

「それくらいで金取んなよ💢」と言われたら、それこそ逆に「“それくらい”なら、お前がやれ」と言える。  (…本当は要らないが)

 

そう言われるのが嫌で、腰抜けたちは、相手をねだりやすい立場”や“責任ある役職”などに就けさせる。

傀儡というやつだ。

 

これに何度かやられたりした💦

自分では何もしない。他人にやらせる。すぐに自力でやることを拒否したがる。

本当にずる賢い💢

(…嫌な思い出が多いな…)

 

多くの“腰抜け”と付き合ううちにそんな考えに至った。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな怒り② 父とドラゴンスリーパー(未遂)

先月(9月)の事。

“コロナ”から立ち直り、実家に向かった時だ。(食料品を大量にもらった時…)

 

母親から「お父さんが畑で草刈りしているから手伝ってきて!」と言われ、実家から数メートル離れた畑に向かった。

コロナ感染で両親に迷惑を掛けたので、少しは役に立ちたかった。

父には実家を出る前に、「俺に手伝ってほしいことがあれば言えよ」と伝えてある。しかし、この日の草刈りを知らなかった。

 

それで畑に向かうと、父が草刈りをしていた。

…這いずり周りながら。

 

腰の悪い父は屈んで草を刈れず、ほとんど寝転がるように草を刈っていた。

 

今から思えば、この時から親父の調子は悪かったのか?

 

俺は、「親父! 何してんだよ💢」と怒鳴った。

 

父「何って、草刈りじゃねぇか?」

俺「…立てよ」

父「腰が痛ぇんだよ!」

俺「なら、先に俺に言えや! …言っただろ!」

父「そしたら、お前怒るだろ!?」

 

父親が寝転がるように草刈りをする経緯はこうだ。

 

畑の草が気になる。

草刈りを息子(俺)に頼もうと思う。

だが、忘れてしまう😨

草刈り予定日がくる。

直前に言うと息子(俺)は激怒💢する。

で、仕方なく自力で草刈りをしようと思う。

腰が痛くて立てなくなる。

 

…という事らしい。

これに俺の癇癪が爆発した。

「何故、事前に言わないんだよ!」

「早めに言えや。それなら手伝うっていうだろ!」

「何で忘れんだ!」

 

で、父親が逆キレ。

「うるせぇ💢」「しょうがねぇだろ!」「これしかないんだよ!」

頭に来た。畑で父親にドラゴンスリーパーをかけるところだった。(汗だく👕💦で止めた)


f:id:ojpkb:20220918131714j:image

 

実家に父親を戻し、残りの草は刈り込み、俺は改めて父とケンカ💥になった。

 

…そして改めて考えてみる。

これって俺が悪くないか? 

 

実家にいた頃、俺が休みの日、父は何かと“用事”を頼んできた。長男として出来るだけ俺がやるようにしていた。

だが、父はよく俺が出かけようとしたり、他の用事がある時に「おーい、ちょっと良いか?」と声をかけてくる。

その度に、俺は父親に怒った💢

「たがら、早めに言えよ。大変なら俺がやるからさー💢」

これがいけなかった(反省)

 

父は俺に草刈りの予定を告げるのを忘れ、当日に言うと、また俺がキレると思い言えず、泣く泣く自力でやり、腰を痛めたのだ。

 

これは俺のせいではないか?

すぐに怒る俺に父が遠慮したのが原因だな。

俺が父に怒らなければ、親父は1人で除草に向かわなかった。

当日に言われても、怒らずに対応していたら、親父は入院しなかった?

 

俺は激しく反省している…。

 

「小さな事で怒る人は、幸せになれない」といのはこの事からも、本当だと思う。

畑の草刈りぐらい30分ぐらい済む事だ。俺は怒らずにやれば良いだけ。怒鳴るのはからおかしくなる。

 

俺を“器の小さい俺”はすぐにキレる💢 

だから、父親は俺に「草刈りしてくれよ」を言えなかったのだ。

 

これは俺の責任だ。

父を詰る(なじる)権利は無い。

 

 

…他責と自責。

俺達はついつい他責をしたくなる。

「俺は悪くないぞ!」

「アイツの責任だ!」

直接言えなくても、遠回しにそんなニュアンスを言いたがる。

なかなか「悪いのは俺自身」と言えない。 

 

自責だけ、というもどうかとは思うが、他責だけする、というはかなり間違った話だ。

 

小さな事ですぐに怒る人(俺?)は、必ず他責をして、自身を責めない、責められない。甘い人間だ。

 

上の草刈りの話の通り、自分を責めきれないと不幸になる。他者と不和になる。

他責は、他責をする方は気分は良いが、“責任を押し付けられる方”、“責められる他人”はたまったものではない。

当然、揉める。

俺からすると、そこで揉めるのはアリとも思うのだが、そうした争いが必ずしも温和に収束するとは思えない。

 

他人を責める前に、我慢して、己れの行動を振り返ってみるべきだ。

 

…と冷静になると思うのだが、上の草刈りの時のように“寝転がる父”を見ると、カチン💢となる。

怒りは何も生まない。

怒りは、孤立を産むだけ。

怒りは、必ず最期は自己に向かう。

 

怒りは“麻薬”だ。

自分を守り、他人に怒りをぶちまけるのは“心地好い”ものだ。

 

そして不幸になる。

 

 (続く)